賃貸物件の鍵|防犯のための鍵の確認を

賃貸物件での防犯において鍵を交換する必要性とは

不動産には様々な物件があります。防犯に必要な鍵は、不動産の賃貸物件とは密接な関係が有ります。元から物件に入居するとなると、鍵の交換料を支払わなければならない場合がほとんどです。

その理由としては、防犯性が挙げられます。賃貸物件は、様々な方々が入れ替わっている事が多数です。例えを言うとAさんがある物件に入居するとします。ところでAさんがその物件に入居する前に、Bさんが住んでいる事があるのです。

いわゆる新築ではない賃貸住宅の場合は、以前に誰かが住んでいる事も珍しくないというわけです。このためAさんとしてみれば、防犯が心配な事になります。といいますのもBさんは、賃貸住宅の会社に対して鍵を返していない可能性があるからです。BさんはAさんが住んでいる住宅に簡単に侵入できます。だから賃貸会社は、防犯のため鍵を別の物に替えるのです。まず賃貸住宅の扉がBさんの使用していた鍵では開かないように、新しい鍵と交換する場合もあります。

だからそういった物件に引っ越すときには、上記のような料金支払いが生まれる事になるのです。

ところでその料金がどれ位になるかは、賃貸会社によって色々異なります。2万円ほどになっている会社もあれば、1万円台など多様です。そして賃貸住宅によっては、たまに鍵をリニューアルする事があります。ここ最近の傾向として、防犯鍵として電子錠が増えているのです。従来までの金属媒体の鍵ではなく、コピーのされにくい鍵に多くの賃貸会社が変更しています。

また一部の賃貸会社は、特定の鍵業者と提携している事があるのです。特にマンションの物件等を管理している賃貸会社は、その傾向が明らかです。なぜならマンションには、たくさんの部屋があります。そちらの全てに個別の鍵があるのですが、不動産会社では鍵を管理しきれないケースがあります。ですので、防犯などのための鍵の管理を、特定の業者などに任せている賃貸会社も見られます。特定の業者と強いコネを持っている賃貸の会社も、とても多いです。