インターネットサービスでクラウド使用のおすすめ

インターネットによるより便利性がますます高まる中、クラウドサービスを利用する人達が年々増加しています。労働でもプライベートでも利用される方が多いと思いますが、いろいろなクラウドサービス提供会社が存立する今、一体どの会社のサービスを利用したらよいのかお悩みの方も多いことでしょう。ここではいくつか代表的なストレージからおすすめのものをピックアップしていきます。

運用管理について詳しく調べよう
まず知名度では群を抜く某G社のドライブをプッシュします。
これは大手検索サービスG社のアカウントを所有する方ならどなたでも利用できるサービスで、無料プランなら最大15GBの容量を使えます。メールサービスなどのサービスを利用されている方なら、すぐに繋がるので非常に使いやすいと思います。またアンドロイドなどのアプリとの同調もされているので、使用しているデバイス間でデータを共有される方には使用しやすいクラウドだと言えます。

次にご紹介するのはクラウドサービスで有名な某D社クラウドサービスです。
安定したサービスに定評があるので、同期の手間やトラブルを回避したい人にはとても人気のあるサービスです。しかし初期状態では容量が2GBと少ないので、ワードやエクセルのデータ送付がメインであれば有用なサービスなのですが、容量の大きいデータを大量に扱うのであれば少し物足りないかもしれません。しかし、大手SNSのF社や大手SNSのT社など外部サービスと連携したり、友達への紹介で容量が次々に追加されるので、上手に利用すればその他のクラウドサービスよりもかなり大きな容量を使用することができます。
最後にご紹介するのはMacユーザーにおすすめのCloudストレージサービスです。無料チャージコースでは5GBと容量は少ないですが、ベーシックな使用用途としてMac内の写真やiTunesでの音楽データの複製が主なので、Macユーザーならぜひ利用したいサービスです。この他にもクラウドサービスは数多く存在し、それぞれが独特の強みを持っているのでぜひご自分の目的に合ったストレージを見つけてください。

クラウドサービスの導入にはメリット・デメリットもあるので把握しておく必要があります。まずメリットとしては、サーバーやソフトを購入する必要がないことです。購入するとなると初期費用をはじめとするお金がかかります。また、メンテナンスも不要なので、導入後の機能追加や最新版へのアップデートなどを自社で行う必要がないため、手間を省くことができます。デメリットとしては、セキュリティのリスクがあることです。クラウドはインターネットの利用を目的としたサービスなので、クラッカーといって悪意を持った方がプログラムを盗み見たり破壊してくる可能性もあります。これらに注意して使用しなければなりませんよ。